症状別の対応策(一例)


亀甲堂カナヰ薬局での対応例をご紹介いたします。
ひとりひとりの症状や体質によって対応するお薬も異なります。詳しくはお気軽にご相談ください。



更年期の漢方相談

 40歳代  女性

子育てが一段落して更年期が始まり、今はパートで働いていますが、顔にひどく汗をかき、めまい・肩こりもつらかったです。
そんな時、友人のすすめでこのお店を知りました。 飲んでいる薬は漢方薬と健康食品です。
少しずつですが、良くなっていると実感しております。

  閉経の前後10年間の更年期は誰にでも訪れるもの。症状は永続するわけではなくいずれ過ぎるものですが、家族の為にも自分自身の為にも、つらい症状は我慢せず、中医学の知恵を役立ててくださいね!

更年期の漢方相談

▲ TOP



アトピー性皮膚炎の漢方相談

 30歳代  男性

アトピー性皮膚炎で漢方相談に来ました。食事のこととか、生活のことまで、薬だけでなく、色々な養生も教えてもらいました。
3ヶ月で良くなりました。粉薬と清営顆粒です。

  アトピー性皮膚炎には「変化しやすい」という特徴があります。急性期・慢性期等、移動性の高い皮膚炎なので、漢方薬・食養生・生活養生、全てが治す要となります。
治したいと思う気持ちが大切ですね。
根治まで、あきらめずに一緒にがんばりましょう!

アトピー性皮膚炎の漢方相談



生理痛・冷え性の漢方相談

 20歳代  女性

生理痛が激しく、強い冷えがあり、相談にきました。とても親切に話を聞いてくれて、安心できました。
婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)という甘いシロップのようなお薬をもらい、飲んでみたら3ヶ月でとても効果がありました。
良かったです。

  中医学では【生理痛はないのが当たり前】です。生理痛がある、という事は体調を崩していると考え、生理痛を起こしている原因を探り、対応します。血の働きのひとつが体を温めること、血が不足した状態では、体は冷えて、血の流れを滞らせますので、痛みやしこりといった症状が表れやすくなります。他にも「顔色が悪い」「めまい・立ちくらみ・貧血」「枝毛・抜け毛」「爪が割れやすい」「乾燥肌」「多夢」といった症状が血虚(けっきょ:血が不足している状態)の特徴です。

不足しがちな血を補うことを補血(ほけつ)といいます。補血が得意な漢方薬が婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)です。婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)は、小泉今日子さんやモデルさんが愛用していることもあり、また甘くて飲みやすいシロップ剤なので、大変人気のある漢方薬です。

生理痛・冷え性の漢方相談



■ 症状別、最初のページへ

▲ TOP

ゆっくりと相談できる漢方薬局です
どなたさまもお気軽にご来店・ご相談くださいませ